薬剤科

薬剤科

薬剤科のページへようこそ!
薬剤科

薬剤科では、
「有効性及び安全性において質の高い薬物療法に貢献する事」
を主眼に取り組んでいます。
各病棟には薬剤師の常駐体制を敷いており、患者様に対する薬物療法支援はもちろんの事、医師をはじめとする各医療スタッフに対しても薬剤師の視点から積極的に提言し、医薬品の適正使用、医療安全の向上及び医療スタッフの負担軽減を推進しています。


厚生労働省医政局の「チーム医療推進方策検討ワーキンググループ(チーム医療推進会議)」が取りまとめた「チーム医療推進のための基本的な考え方と実践的事例集(2011年6月)」では、当薬剤科の業務体制と取組みがモデルケースとして紹介されました。当院では「病棟薬剤業務実施加算」を2012年4月より算定しています。


『チーム医療推進のための基本的な考え方と実践的事例集』(平成23年6月)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001ehf7.html
(当薬剤科の取組み:質の高い薬物療法提供等のための薬剤師病棟配置の取組例(p.20))

 

また、患者様が入院される前や退院された後にもよりよい治療が提供されるよう取り組んでいます。たとえば、薬剤師外来の実施による術前中止推奨薬の確認や、かかりつけの医療機関や保険薬局との薬剤情報の共有を目的とした薬剤管理サマリーの発行、保険薬局から担当医師への患者情報共有を目的としたトレーシングレポートの運用などを実施しています。


ページ紹介

 

人員構成・業務体制

(2021年7月1日現在 )

  • ◆人員構成
    ・薬剤師22名(常勤22名),技術助手2名
     育休・産休取得者:1人
      取得実績:2020年度 男性1人、女性1人
           2019年度 男性0人、女性1人
  • ◆業務体制
     ・専任薬剤師  :医薬品情報管理室1名,病棟薬剤業務13名
     ・夜間休日体制 :常時1名

 

認定資格(団体)

◆認定実務実習指導薬剤師(日本薬剤師研修センター)

5名

◆医薬品安全性専門薬剤師(日本医薬品安全性学会)

1名

◆感染制御認定薬剤師(日本病院薬剤師会)

2名

◆がん薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)

1名

◆緩和薬物療法認定薬剤師(日本緩和医療薬学会)

1名

◆在宅療養支援認定薬剤師(日本在宅薬学会)

1名

◆栄養サポートチーム専門療法士(日本静脈経腸栄養学会)

3名

◆日病薬病院薬学認定薬剤師(日本病院薬剤師会)

16名

◆ICLS認定インストラクター(日本救急医学会)

2名

◆ACLS大阪認定インストラクター(大阪府医師会)

2名

◆応急手当普及員(大阪市消防局)

1名

 

施設認定

◆薬学生長期実務実習受入施設(薬学教育協議会)

◆プレアボイド報告施設(日本病院薬剤師会)


薬学生長期実務実習受入施設プレアボイド報告施設
 

業務実績

(2019年度)

◆調剤業務

・外来処方せん枚数(院内・当直時含む)

15.2枚/日

・外来処方せん枚数(院外)

102.9枚/日

・院外処方せん発行率

87.2%(当直時含む・日勤帯は99.8%)

・入院処方せん枚数

220.0枚/日

・注射処方せん枚数

358.2枚/日


◆無菌調製業務

・TPN(高カロリー輸液)

64.1/月

・がん化学療法剤(外来)

61.9件/月

・がん化学療法剤(入院)

9.0件/月


◆薬剤管理指導業務

1.特に安全管理が必要な医薬品が投薬又は注射されている患者の場合

298.6件/月

2.1の患者以外の患者の場合

580.5件/月


◆病棟薬剤業務実施加算1

1496件/月(DPC機能評価係数Ⅰ 0.0079)


◆医薬品情報管理業務

・DI室情報紙発行(院内向け)

DI News(12回/年)

・その他特記業務

副作用・感染症報告,プレアボイド報告,副作用救済制度支援


◆医薬品管理業務

・採用品目数 :内服薬514,外用薬160,注射薬398
・後発医薬品 :内服薬103,外用剤38,注射剤81
採用率20.7%(品目ベース),置換率83.0%(数量ベース)

 

その他関連業務

◆薬学生実務実習の受入れ状況


◆その他の活動

・二次救命処置コースにインストラクター派遣

・普通救命講習会にインストラクター派遣

・中学生職場体験受入れ

 

設備

◆システム

・YUYAMA調剤システム


◆調剤機器

ユヤマYS-TR-128FDXIV-VC-UC

自動錠剤分包機 :ユヤマYS-TR-128FDXIV-VC-UC

128種類の錠剤を自動分包できるなど、
一包化調剤になくてはならない機械です。

ユヤマYS-Mini-R45

散薬分包機 :ユヤマYS-Mini-R45

円盤型で、正確に自動で分包されます。


◆無菌調製機器

・クリーンベンチ :ユヤマYS-B-A121(垂直層流式,Class100)

・安全キャビネット :ユヤマYS-B-A923ⅡB3(ClassⅡB)

 

取材等

取材等
誌名 掲載日 内容
薬事日報 2013年1月1日号(臨時増刊号) 「病棟薬剤業務実施加算への取組み」 p6
Pallette
(大塚製薬工場)
2012年10月号(Vol.88) 「特集医療の質向上と薬剤業務,薬剤師病棟配置で進める質の高い薬物療法」 pdfはこちらから 
Pharma Scope
(田辺三菱製薬)
2012年9月(特別号大阪府版) 「これからの病棟業務はいかにあるべきか」 pdfはこちらから 
薬業時報
(じほう)
2012年8月10日号 「くすりの現場から<84>」 p26-27
やくまる (帝人ファーマ) 2012年7月(創刊号) 「病棟薬剤業務実施加算の新設で見えてきたものとは?」 pdfはこちらから 
医療経営雑誌フェイズ・スリー 2012年3月号 「第2特集 薬剤師の病棟配置を極める」」 p36-37
医療経営雑誌フェイズ・スリー 2011年10月号 「スキルミクスの先進事例」 p20
朝日新聞 2011年6月29日 特集「チーム医療は今」  

Web掲載
サイト名 内容
DS A la carte
(第一三共株式会社,医療関係者向け情報)
「病院薬剤師の新たな業務展開-チーム医療への取り組み-,Vol.1,日本病院薬剤師会監修」
Pallette
(株式会社大塚製薬工場,医療関係者向け情報)
「医療の質向上と薬剤業務」
(Vol.88)2012年10月号
Medical View Point
(田辺三菱製薬株式会社,医療関係者向け情報)
「病院薬剤師が担う病棟業務」大阪府
第1回 これからの病棟業務はいかにあるべきか~
「病棟薬剤業務実施加算」創設がもたらすインパクト~l
 

業務の内容・取り組み

日々の業務や取り組みについて、以下のpdfにまとめました。ぜひご覧ください。

業務の内容・取り組み

・p.1 調剤室業務

・p.3 病棟業務

・p.4 その他の業務

・p.5 医療チームへの参画

・p.6 教育体制

 

薬学生・就職をご検討中の皆さんへ

これまでの見学者の方からの質問などのpdfです。ぜひご覧ください。

学生・橘ちゃんからの質問

インターンシップ
病院見学情報

 

採用情報

リクルートサイトへリンク(https://tachibana-med.or.jp/recruit/technician/