ME機器管理科

ME機器管理室

ME機器管理室には臨床工学技士が2名います。


臨床工学技士は医師の指示の下に生命維持管理装置の操作、および保守・点検を行う医療機器の専門医療職種です。そして、医師、看護師などと共に医療機器を用いたチーム医療の一員として生命維持をサポートすることを業としています。


医学と工学における両面の知識を持ち、特に人工心肺装置、血液浄化装置、人工呼吸器等、循環・代謝・呼吸の機能を代替、または補助するために使用する生命維持管理装置の操作や保守点検を行い、患者さま、医師、看護師等の病院スタッフが常に安心して医療機器が使用できるように安全確保に努めています。


ME機器管理室ME機器管理室

ME機器管理業務

院内で使用される生命維持管理装置をはじめとした医療機器の貸出管理、点検・修理、物品管理、機器メーカへの修理依頼などを行っています。医療機器をME機器管理室で中央管理化(一括に集中管理すること)することで効率的な運用を行うことができ、余剰機器を防止し安全性の向上、機器の購入・廃棄に関して計画的に行うことによるコスト削減などすることができます。点検・修理を行い医療機器の故障や事故の発生の可能性を低下させることができます。


血液浄化業務

血液浄化とは、体内に溜まった老廃物などを代謝・排出する機能が働かなくなった場合に一時的に腎臓や肝臓などの働きを代行する治療法で人工透析、血漿交換、血液吸着などの治療法があります。各々の血液浄化療法には、専用の材料・装置が用いられそれらの操作・管理を行っています。


当院では集中治療領域における循環動態の不安定(腎臓・肝臓などの機能不全)な患者様に対してさまざまな血液浄化療法を施行しています。


教育・研修業務

ME機器管理室では看護師に対して入職時、中途入職時に機器研修を実施、また各病棟から依頼を受けてME機器に対する知識習得、安全・正確に使用できるように勉強会を開催しています。