診療部

臨床研修について

臨床研修病院としての役割

東住吉森本病院の理念に基づき、安全で質の高い医療を提供するとともに、
①患者さんの立場に立ち、 ②地域医療施設との連携を深め、
③院内各職種との連携を深め、常に病める人と社会のために活躍できる第一線の臨床医を養成する。

研修医室

病院理念
  • 患者さんの立場に立った、対話のある医療を提供するために努力します。
  • 地域医療施設との連携を深め、地域医療に貢献するために努力します。
  • より良い患者サービスをするために、働きがいのある職場環境の改善・維持に努めます。

研修理念

東住吉森本病院での研修を通して、医師としての人格を涵養し、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、将来専門とする分野にかかわらず臨床に必要な基本的診療能力(態度、技能、知識)を習得し、いかなる状況においても適切な全人的医療をチームのメンバーと協力しながら提供できる医師を目指す。


基本方針

次の①~⑥のような資質を備えた医療人を養成する。①人間性豊かな医療人、②医療全般にわたる広い視野と高い見識を持つ医療人、③患者の立場に立った医療を実践する医療人、④チーム医療のできる医療人、⑤生涯学習をする医療人、⑥地域医療支援病院としての責務を自覚し、地域医療に貢献する医療人。


研修科目と研修期間

必修科目は、内科・救急・外科・地域医療・小児科・産婦人科・精神科、選択科目はこれらの科目のほかに消化器内科・循環器内科・呼吸器内科・整形外科・形成外科・脳神経外科・緩和ケア科・麻酔科・放射線科を選択できる。

 

研修期間は必修科目「内科26週、救急13週、外科8~9週」と選択科目「外科または麻酔科4~5週」を1年目に行う。

2年目は必修科目「地域医療、小児科、産婦人科、精神科」を各4~5週とし、34~35週を選択科目とする。


研修プログラムの特徴

当院では全科に亘る高度・救急医療の研修が受けられる一方、地域医療支援病院としてプライマリ・ケア医療に携わる機会が多く、地域かかりつけ医からの紹介、当院からの逆紹介による共同診療や施設設備の共同利用を通じて地域医療を学ぶことができる。
臨床研修の特色である「救急・総合診療センター」は24時間無休体制で、重軽症の区別なく、感冒から骨折、消化管出血、腸閉塞、急性心筋梗塞、大動脈解離、くも膜下出血など多岐にわたり、救急車搬送受入件数は、500台/月、年間約6,000台で、Walk-inは1,500人/月、年間約18,000人と、管内で最多の数である。

研修プログラムの特徴

センターでは、救急外来専門医、総合診療医が診療に当たる北米型ER体制をとり、次から次へ症例を診ることで、研修医にとって経験値を上げる機会となっている。 また、定期的に「診断力強化カンファレンス、勉強会」を行い、ACLS、災害訓練などの救急医療に関連する講習も開催し、最新のエビデンスに基づいた正しい救急処置を学ぶ。

研修プログラムの特徴

1年次では、消化器内科・循環器内科・外科・麻酔科・救急をローテートし、豊富な症例の中から専門医療を学び、学会発表や論文作成などにも取り組む。入職後1週間は、医師を始めとして、各専門職のガイダンスを受け、チーム医療の基本や手技等の教育プログラムを受講する。当直は各自の希望にあわせて、月4回程度実施している。2年次では、消化器(内科・外科)、循環器内科、呼吸器内科、整形外科、形成外科、脳神経外科、緩和ケア科、麻酔科、救急、放射線科などの専門分野が修練できる。
病気のみではなく患者さんを全人的に診ることのできる医師の育成に努めている。


研修医の医療行為に関する基準はこちらで参照できます

 

 

 

NPO法人卒後臨床研修評価

2020年1月1日付でNPO法人卒後臨床研修評価機構(JCEP)を受審し、認定基準を達成していると認められ『4年認定』を受けました。

当院は臨床研修病院としての充実・指導環境を整え、ステータスを上げるために2015年11月から評価を受審しています。

新臨床研修制度が始まり、ここ数年厚生労働省は臨床研修病院としての資格として第3者評価を受けて認定される病院になるように指導しています。

研修病院としての第3者評価を受審することで、研修の質の向上を図り、さらによりよい研修を目指す当院の研修体制を振り返る大変貴重な機会となりました。

 

NPO法人卒後臨床研修評価機構

 先輩の声

<男性医師:2018年度採用・2020度専門研修 脳神経外科専攻>

「どんな症候・疾患にも対応できるようになりたい。」私の初期研修の目標でした。

救急搬送の多い病院であること、放射線科で画像診断、志望科である脳外科を研修したいという理由で当院を選びました。

救急・総合診療センターは「断らない救急」をモットーにしており、搬送台数はかなり多いです。

研修医1人あたりの救急台数は大阪でもトップクラスという噂もあります。

初期対応を研修医が担うため、多くの症候・疾患を経験することができ、2年間の研修を終え、私の目標を達成できたと考えています。

当院での研修のメリットは多数あり紹介しきれないので、あえてデメリットを紹介します。

診療科が多くないことです。

例えば耳鼻科救急疾患で転送した患者さんの経過を追えないこと、透析患者さんの周術期管理を経験することなどはできないことでしょう。

そういった点もありますが、メリット・デメリットを考慮し、さらに2年間という短い期間で、自分が何を大事にしたいか?だと思います。

私のように初期対応力をつけたいという方には十分な環境です。

研修を終えた今、非常に満足しています。

皆様が納得のいく病院選びをされ、満足な研修生活を送られることをお祈り申し上げます。そしてそこが当院であることを…。


<男性医師:2018年度採用・2020度専門研修 整形外科専攻>

私は、東住吉森本病院で初期研修をすることができ、本当に有意義な時間を過ごすことができたと感じています。

当院の研修の特徴を私なりに分析すると、豊富な症例経験・責任感・自主性という3つに集約されると思います。

私は初期研修の期間にcommon diseaseを多数経験することで自分なりのcommon diseaseの診方をルーティーン化することが重要と考えていました。

豊富な症例経験により自らの目標を達成できたのではないかと思います。

また2年目の当直業務では、指導医の先生と2人体制となり、責任ある立場で研修を行うことが出来ます。

指導医の先生のフォローを受けながらも自らの判断が患者の今後の人生を左右しうるケースも多々経験しました。

この責任感こそ医師としての成長を大いに手助けしてくれました。

さらには、自分の頭で考えて行動するという自主性を重んじていただける指導体制が確立しています。

この豊富な症例経験・責任感・自主性という3つの特徴を持つ当院の2年間の研修を終えた今、本当に成長できたと感じています。

ぜひ一度見学に来て、当院の研修医の姿を見に来て下さい。


<男性医師:2018年度採用・2020度専門研修 整形外科専攻>

私が初期臨床研修病院として当院を選んだ理由は救急の初期対応を数多く経験することができること、特に初期臨床研修医にとって重要であるcommon diseaseへの対応を学ぶ機会が多いためです。

最初から整形外科希望であったため、初期臨床の2年間では特別な知識というよりは何科の医師になるにしても必要な基礎知識を習得することが重要だと考えていました。

初期研修2年目からは内科当直が始まり、指導医と2人1組で当直業務をこなします。

いつでも相談できる環境にはあり、限界まで自分の力で患者対応をする経験は医師としての知識、対応力を育てる良い機会になります。

自分自身、こうした形で研修させていただくことでcommon diseaseであれば、ある程度自信を持って対応することが可能になりました。

職場環境においても雰囲気が良く、仕事がしやすい環境にあります。是非、興味を持たれた方は一度見学に来て下さい。お待ちしています。