整形外科・リウマチ科

関節外科

Joint Reconstruction Surgery

はじめに

ご高齢に伴い軟骨が傷んですり減った股関節や膝関節は、立ち上がるときや歩くとき、階段の昇り降りなどで強い痛みの原因となります。
痛みが不快につながり日常生活で移動や歩行に大きな妨げとなる場合も多くあります。


我々は「関節外科」と呼ばれる整形外科の専門分野の中で、そのような痛みをとり快適な生活を送っていただけるようになるために、傷んだ股関節や膝関節を金属でつくられた人工関節に置き換え、再建する手術(人工関節置換術)を行っています。
ただ、軟骨が傷んだからといってどのような場合でも必ず人工関節の手術が必要となる訳ではありません。くすり(鎮痛剤や湿布)、膝関節の場合はヒアルロン酸の関節内注射、リハビリテーションや体操による筋力強化、装具による負荷の軽減などといった治療でも効果が得られない場合に、最後の手段として人工関節置換術という手術を行います。


我々の施設では①人工股関節全置換術と②人工膝関節全置換術、さらに③人工関節再置換術も行っています。また、近年増加傾向にある④人工関節周囲骨折にも積極的に対応し、可及的早期に手術を行うよう心掛けています。


①人工股関節全置換術(じんこうこかんせつぜんちかんじゅつ)

多くは関節の軟骨が傷んですり減った「変形性股関節症」という病気が対象となります。
他に「急速破壊型股関節症」「大腿骨頭壊死症」「関節リウマチ」、昨今では手術後の長期成績が良いために「大腿骨頚部骨折」にも適応の幅は広がってきています。
人工股関節全置換術では股関節の痛みをとるだけでなく、脚の長さも可能な限り左右で揃えることができます。まず、股関節の受け皿となる臼蓋と呼ばれる骨盤の部分を傷んだ軟骨ごと掘削し、カップを設置します。 次にやはり表面の軟骨が傷んでいる大腿骨頭を切除し、大腿骨にステムを挿入します。
ステムに骨頭を設置し、カップを裏打ちするポリエチレン製のライナーと骨頭で股関節の動きが再現されます。


人工股関節全置換術(手術前レントゲン)

手術前レントゲン

人工股関節全置換術(手術後レントゲン)

手術後レントゲン


②人工膝関節全置換術(じんこうひざかんせつぜんちかんじゅつ)

多くは同じく関節の軟骨が傷んですり減った「変形性膝関節症」という病気が対象となります。
他に「特発性大腿骨内顆骨壊死症(様病変)」「関節リウマチ」なども対象となります。
軟骨の傷んだ膝関節を金属製の人工関節に置き換えます。
大腿骨と脛骨をそれぞれ人工関節の形状にあわせて骨切りし、金属製の人工関節を骨セメントで骨としっかり固定します。
金属製の人工関節の間にはポリエチレン製のインサート(レントゲンではわずかにしか写りません。)が設置され、膝関節の動きが再現されます。


人工膝関節全置換術(手術前レントゲン)

手術前レントゲン

人工膝関節全置換術(手術後レントゲン)人工膝関節全置換術(手術後レントゲン)

手術後レントゲン


③人工股関節再置換術(じんこうこかんせつさいちかんじゅつ)

かつて人工関節の寿命は15年から20年と言われていました。
しかし、20年を経過すればすべてが再び入れ換えをしなければならないというわけではありません。
また、場合によっては15年を待たずして再び入れ換えをしなければならないこともあります。
そのため、人工関節や人工骨頭の手術を受けられた場合には定期的にレントゲン撮影でゆるみが起きていないかの整形外科医による確認が必要となります。
違和感や痛みといった症状が出ている場合には、一般的にかなりゆるみが進行している場合が多く、手術もより難しいものとなります。
半年や一年に一度の定期的なレントゲン撮影でゆるみの兆候があれば、ひどくなる前に再び入れ換えの手術(再置換術)を行う場合もあります。


人工股関節再置換術(手術前レントゲン)

手術前レントゲン(セメント固定)

人工股関節再置換術( 手術後レントゲン)

手術後レントゲン(セメントレス固定)


④人工関節周囲骨折(じんこうかんせつしゅういこっせつ)

近年、人工関節の手術後の長期成績は安定し、多くの患者様に安心して人工関節の手術を受けていただくことができるようになりました。その適応の年齢幅は少しずつ広がり、多くの高齢の患者様への人工関節の需要が増えてきています。
それに伴い、転倒などといった外傷により人工関節の周囲で骨折を起こしてしまう例が増えてきています。中には骨折だけでなく、骨折により同時に人工関節のゆるみを合併してしまう例も見られます。このような場合、骨折に対する治療と同時に人工関節のゆるみに対する治療も必要となります。
人工関節周囲の骨折では、骨折の治療を行うことはもちろん、骨折部周辺にある関節の機能も温存あるいは再建し、可動性を確保しなければならないという専門的な知識と技術に基く治療が必要となります。


人工関節周囲骨折(手術前レントゲン)

人工骨頭ステム周囲骨折 手術前レントゲン

人工関節周囲骨折(手術後レントゲン)

手術後レントゲン(プレート固定)


人工膝関節周囲大腿骨顆上骨折 手術前レントゲン人工股関節全置換術(手術後レントゲン)

人工膝関節周囲大腿骨顆上骨折 手術前レントゲン

手術後レントゲン(プレート固定)

手術後レントゲン(プレート固定)


⑤当院での人工関節置換術、再置換術の実績

平成26年4月から平成27年3月末までの年間手術件数
人工股関節全置換術 26件(人工骨頭挿入術 75件)
人工膝関節全置換術 105件
人工股関節再置換術 3件
*2016年4月から2017年3月まで


さいごに

 ご高齢に伴い、股関節や膝関節が痛くなったからといって必ずしも手術が必要であるという訳ではありません。
ところが、痛みのために日常生活でお困りの場合、中には人工関節置換術という手術で痛みが消え、大きな改善が得られることがあります。
「こんなことなら、もっと早くに手術を受けておけばよかった…」の前に、


  1. 長年、股関節や膝関節の痛みに悩んでおられる方
  2. 股関節の障害のために左右で脚の長さが大きく異なり、歩きつらい方
  3. くすりやリハビリテーションや体操でもなかなか痛みがよくならない方
  4. 以前に人工関節や人工骨頭の手術を受けられて、定期受診されずそのままの方、または違和感や痛みなどの症状が出ておられる方

などなど、是非我々にご相談いただければ幸いです。
また、痛みに対する治療は手術がすべてという訳ではありません。
手術以外で痛みを和らげる方法もみなさまといっしょに考えていきたいと思っております。
是非お越しください。

整形外科初診外来 午前8時30分より受付開始、11時30分まで
毎週火曜日 関節外科 医長 住友 暁(すみとも あきら)