ごあいさつ

病院長より

 東住吉森本病院は、大阪市南部地域、特に東住吉区や平野区における中核病院として急性期医療を担っております。
 救急指定病院はもとより、大阪府下でも最も早い時期に地域医療支援病院に認定され、さらには大阪府がん診療拠点病院・基幹型臨床研修病院の指定も受けております。
 がん・成人病の診療においては、高度な医療機器を整備し各診療科における専門診療とともに、救急診療に関しては、地域からの要請を24時間受け入れるべく体制を整えております。
 急性期病院としての役割を果たし、地域の診療所・回復期リハビリテーション病院・療養型病院・老人保健施設・訪問看護ステーション・行政機関などとのネットワークを活かして、近隣の方々の健康を守り、地域に貢献していきたいと考えております。患者さんにとっていざという時に信頼される病院でありたい、という目標に向かって職員一同努力してまいります。

院長
東住吉森本病院 院長寺柿 政和

患者さんの健康を第一義とし、地域に開かれた医療を提供します。

ミッション(使命)

対話と連携を重視し、地域の健康と安心に貢献します。東住吉森本病院は、急性期医療サービスの主要な担い手として、紹介・救急、入院の機能を重視し、患者様の健康を第一義として地域に開かれた医療を提供します。

  1. 患者様の立場に立った対話ある医療を提供するために努力します。
  2. 地域医療施設との連携を深め、地域に貢献するために努力します。
  3. より良い患者サービスをするために、働きがいのある職場環境の改善・維持に努めます。

ビジョン(あるべき姿)

「地域に必要とされる病院」をめざします。
良質かつ高度な急性期医療サービスを提供するため、当院は「地域に必要とされる病院」をめざし、その実現に向けてさまざまなプロジェクトに取り組んでいます。

  1. 急性期医療(特化した専門の医療)を提供します。
  2. 地域医療支援機能を有します。
  3. 地域診療所の先生方との共同診療(開放型病床の利用)による開かれた医療を提供します。