医療法人 橘会 東住吉森本病院

このまちと共に、「開かれた病院」として
アクセス方法 お問い合わせ 個人情報保護について ホーム

医療関係の方へ

各科紹介
当院の実績
地域医療連絡室のご案内
勉強会及びセミナーのご案内
臨床研修医募集のご案内
外来担当表
診療科の紹介
医師募集 地域に貢献する救急医療
看護師募集 あなたしか、できないこと
医療情報サービスMinds

Mindsは、日本医療機能評価機構が実施する医療情報サービスです

臨床研修医募集のご案内

後期臨床研修

 臨床研修病院としての役割

 東住吉森本病院の理念に基づき、安全で質の高い医療を提供するとともに、
@患者さんの立場に立ち、 A地域医療施設との連携を深め、 B院内各職種との連携を深め、常に病める人と社会のために活躍できる第一線の臨床医を養成する。

病院理念

研修理念

 東住吉森本病院での研修を通して、医師としての人格を涵養し、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、将来専門とする分野にかかわらず臨床に必要な基本的診療能力 (態度、技能、知識)を習得し、いかなる状況においても適切な全人的医療をチームのメンバーと協力しながら提供できる医師を目指す。

基本方針

 次の@〜Eのような資質を備えた医療人を養成する。 @人間性豊かな医療人、A医療全般にわたる広い視野と高い見識を持つ医療人、B患者の立場に立った医療を実践する医療人、Cチーム医療のできる医療人、D生涯学習をする医療人、E地域医療支援病院としての責務を自覚し、地域医療に貢献する医療人。

研修科目と研修期間

 必修科目は、内科・救急・地域医療・小児科・産婦人科・精神科、選択必修科目は外科・麻酔科とし、選択科目はこれらの科目のほかに消化器内科・循環器内科・整形外科・形成外科・放射線科を選択できる。

研修期間は必修科目「内科6ヶ月、救急3ヶ月」と選択必修科目「外科3ヶ月または外科2ヶ月と麻酔科1ヶ月」を1年目に行う。2年目は必修科目「地域医療、小児科、産婦人科、精神科」を1ヶ月ずつ4ヶ月とし、8ヶ月を選択科目とする。
ページトップに戻る

 

研修プログラムの特徴

 当院では全科に亘る高度・救急医療の研修が受けられる一方、地域医療支援病院としてプライマリ・ケア医療に携わる機会が多く、地域かかりつけ医からの紹介、当院からの逆紹介による共同診療や施設設備の共同利用を通じて地域医療を学ぶことができる。

初期研修の特色である「救急・総合診療センター」は24時間無休体制で、重軽症の区別なく、感冒から骨折、消化管出血、腸閉塞、急性心筋梗塞、大動脈解離、くも膜下出血など多岐にわたり、救急車搬送受入件数は、400〜500台/月、年間約5,000台で、Walk-inは1,000〜1,400人/月、年間約13,000人と、管内で最多の数である。センターでは、救急外来専門医、総合診療医が診療に当たる北米型ER体制をとり、次から次へ症例を診ることで、研修医にとって経験値を上げる機会となっている。 また、定期的に「症例カンファレンス、勉強会」を行い、ACLS、災害訓練などの救急医療に関連する講習も開催し、最新のエビデンスに基づいた正しい救急処置を学ぶ。

1年次では、消化器内科・循環器内科・外科・麻酔科・救急をローテートし、豊富な症例の中から専門医療を学び、学会発表や論文作成などにも取り組む。入職後1週間は、医師を始めとして、看護師・薬剤師などの各専門職のガイダンスを受け、チーム医療の基本や手技等の教育プログラムを受講する。当直は各自の希望にあわせて、月4回程度実施している。2年次では、消化器(内科・外科)、循環器内科、整形外科、形成外科、麻酔科、救急、放射線科などの専門分野が修練できる。


病気のみではなく患者さんを全人的に診ることのできる医師の育成に努めている。

<研修医の医療行為に関する基準はこちらで参照できます。>

当院は平成28年1月1日付でNPO法人卒後臨床研修評価機構(JCEP)を受審し、認定基準を達成していると認められ『4年』の認定を受けました。

新臨床研修制度が始まり、ここ数年厚生労働省は臨床研修病院としての資格として第3者評価を受けて認定される病院になるように指導しています。
これに伴い、臨床研修病院としての充実や指導環境を整え、ステータスを上げるために平成27年11月に評価を受審しました。

研修病院としての第3者評価を受審することで、研修の質の向上を図り、さらによりよい研修を目指す当院の研修体制を振り返る大変貴重な機会となりました。

 

 

ページトップに戻る

先輩の声

<大阪市立大学卒業の男性医師>


 はじめまして。僕も2年前はみなさんと同じように研修先の病院をどこにしようか迷っていました。僕は今、初期研修を終わろうとしている段階ですが、東住吉森本病院を初期研修病院として選択して本当によかったと思っています。東住吉森本病院の魅力は、実際に見学に来て、体験していただくのが一番魅力を感じていただけると思います。でもみなさんもこの忙しい時期に見学に行ける病院の数は限られていて、そう多くの病院を見学に行くことは叶わないでしょう。以下に東住吉森本病院の特徴的なところを3つあげます。もしこの文章を読んで、少しでも心に響くものがあった人は、ぜひあなたの病院見学の候補欄に東住吉森本病院を追加してください。決して損はさせません。あなたの医者としての第一歩を踏み出す最高の環境が整っています。

<一つ目>責任のある仕事を任されることです。研修医だからと、指導医の言うがままに薬剤を処方して、指導医の言うがままの治療を何の考えもなしにこなしているだけでは、2年間を過ごしての成長の度合いは限られています。東住吉森本病院では2年目の当直では立派な戦力とみなされます。もちろん指導医は病院内に24時間常駐し、困れば夜間でも気軽に相談できる環境は整っています。ただ基本的には自分で考え、自分で患者さんに対応します。救急搬送連絡の可否や患者さんに対するICも自身でやります。重症の患者さんの場合は後ろで指導医が温かい目で見守ってくれますが、薬剤の選択もCPA搬送の蘇生も自分がリーダーとなってやります。2年目の当直の初めのころは、僕も不安いっぱいでしたが、1年目にしっかりと研修し、患者さんに対して真摯にむきあえば大丈夫です。この2年目の当直を1年間こなしたあなたは、すごく大きく成長しているでしょう。

<二つ目>コメディカルスタッフが非常に充実している点です。特にエコー技師のレベルは非常に高く、研修医にも親身に教えてくださいます。救急外来でも非常に必要度の高い心エコーや腹部エコー、当院で技術を磨きませんか。

<三つ目>なんといっても救急外来での研修です。救急外来・総合診療センター長の人柄と指導能力は、僕も今までこんな先生みたことのないと思うほどhigh levelです。医師としての第一歩をつくっていく場所です。その医師の心構えを学ぶには十分すぎる先生がいらっしゃいます。また症例数も非常に多く、ありとあらゆる症例が救急外来に運ばれてきます。去年からは総合診療科の入院枠もできています。救急外来で振り分けだけするのではなく、自身で救急外来で診察し、そのまま総合診療科へ入院し治療していく継続したfollow-upができます。またICUには専門の先生もいらっしゃいますので、最重症の患者さんで困った際にはエビデンスに基づいた適切なアドバイスもいただけます。

 いかがでしたか。長々と書きましたが、1つでもあなたのこころに響いたものはありましたか。Yesと思ったあなた、ぜひ東住吉森本病院へ見学に来てください。救急外来・総合診療センター長をはじめとして、みなさま方がしっかりとした研修ができる環境は準備されていますよ。
                             (平成26年度採用、平成28年度後期研修「循環器内科」専攻)

 

 

<大阪市立大学卒業の男性医師>


 当院は長居公園が目の前にあるため、都会を感じさせない非常によい雰囲気をもった病院です。また病床数も300床程度と中規模であり、院内も非常にコンパクトな造りとなっているためお互いの存在を認識し合え、垣根が低くフレンドリーな環境下で研修を行うことができます。
  1年次は消化器内科・循環器内科・救急・外科(麻酔科1ヶ月あり)をそれぞれ3カ月ずつ研修します。2年次は必須科目以外の8ヶ月間は自由に選択できます(科によっては1ヶ月単位でも可)。そのためより多くの科に触れ、疾患を学ぶことができます。全ての科があるわけではありませんが、救急外来には多くの患者さんが搬送や独歩で来院し、当院にある科以外の疾患を見ることは多々あり、メジャーな科の疾患においては症例が不足していると感じることはありません。実際に症例を経験することで多くが身につくため、その点で救急外来での研修は非常に有意義です。 また2年次からは一人の当直医として扱われるため、責任感が常につきまといます。そのため日頃から勉学に励み、時には自分が当直などで経験した症例をフィードバックすることで経験値を皆で高めています。研修医室があるため、そこでしかできない話も多々でき、研修医同士は非常に仲良く過ごしています。見学に来た際はぜひ覗いてください。 

                                  (平成26年度採用、平成28年度後期研修「外科」専攻)


ページトップに戻る
Copyright (C) 2007 TACHIBANAKAI CO.,LTD. All rights reserved.