医療法人 橘会 東住吉森本病院

このまちと共に、「開かれた病院」として
アクセス方法 お問い合わせ 個人情報保護について ホーム

医療関係の方へ

各科紹介
当院の実績
地域医療連絡室のご案内
勉強会及びセミナーのご案内
臨床研修医募集のご案内
外来担当表
診療科の紹介
医師募集 地域に貢献する救急医療
看護師募集 あなたしか、できないこと
医療情報サービスMinds

Mindsは、日本医療機能評価機構が実施する医療情報サービスです

臨床研修医募集のご案内

後期臨床研修

 臨床研修病院としての役割

 東住吉森本病院の理念に基づき、安全で質の高い医療を提供するとともに、
@患者さんの立場に立ち、 A地域医療施設との連携を深め、 B院内各職種との連携を深め、常に病める人と社会のために活躍できる第一線の臨床医を養成する。

病院理念

研修理念

 東住吉森本病院での研修を通して、医師としての人格を涵養し、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、将来専門とする分野にかかわらず臨床に必要な基本的診療能力 (態度、技能、知識)を習得し、いかなる状況においても適切な全人的医療をチームのメンバーと協力しながら提供できる医師を目指す。

基本方針

 次の@〜Eのような資質を備えた医療人を養成する。 @人間性豊かな医療人、A医療全般にわたる広い視野と高い見識を持つ医療人、B患者の立場に立った医療を実践する医療人、Cチーム医療のできる医療人、D生涯学習をする医療人、E地域医療支援病院としての責務を自覚し、地域医療に貢献する医療人。

研修科目と研修期間

 必修科目は、内科・救急・地域医療・小児科・産婦人科・精神科、選択必修科目は外科・麻酔科とし、選択科目はこれらの科目のほかに消化器内科・循環器内科・呼吸器内科・整形外科・形成外科・放射線科を選択できる。

研修期間は必修科目「内科6ヶ月、救急3ヶ月」と選択必修科目「外科3ヶ月または外科2ヶ月と麻酔科1ヶ月」を1年目に行う。2年目は必修科目「地域医療、小児科、産婦人科、精神科」を1ヶ月ずつ4ヶ月とし、8ヶ月を選択科目とする。
ページトップに戻る

 

研修プログラムの特徴

 当院では全科に亘る高度・救急医療の研修が受けられる一方、地域医療支援病院としてプライマリ・ケア医療に携わる機会が多く、地域かかりつけ医からの紹介、当院からの逆紹介による共同診療や施設設備の共同利用を通じて地域医療を学ぶことができる。

初期研修の特色である「救急・総合診療センター」は24時間無休体制で、重軽症の区別なく、感冒から骨折、消化管出血、腸閉塞、急性心筋梗塞、大動脈解離、くも膜下出血など多岐にわたり、救急車搬送受入件数は、400〜500台/月、年間約5,000台で、Walk-inは1,000〜1,400人/月、年間約13,000人と、管内で最多の数である。センターでは、救急外来専門医、総合診療医が診療に当たる北米型ER体制をとり、次から次へ症例を診ることで、研修医にとって経験値を上げる機会となっている。 また、定期的に「症例カンファレンス、勉強会」を行い、ACLS、災害訓練などの救急医療に関連する講習も開催し、最新のエビデンスに基づいた正しい救急処置を学ぶ。

1年次では、消化器内科・循環器内科・外科・麻酔科・救急をローテートし、豊富な症例の中から専門医療を学び、学会発表や論文作成などにも取り組む。入職後1週間は、医師を始めとして、看護師・薬剤師などの各専門職のガイダンスを受け、チーム医療の基本や手技等の教育プログラムを受講する。当直は各自の希望にあわせて、月4回程度実施している。2年次では、消化器(内科・外科)、循環器内科、呼吸器内科、整形外科、形成外科、麻酔科、救急、放射線科などの専門分野が修練できる。


病気のみではなく患者さんを全人的に診ることのできる医師の育成に努めている。

<研修医の医療行為に関する基準はこちらで参照できます。>

当院は平成28年1月1日付でNPO法人卒後臨床研修評価機構(JCEP)を受審し、認定基準を達成していると認められ『4年』の認定を受けました。

新臨床研修制度が始まり、ここ数年厚生労働省は臨床研修病院としての資格として第3者評価を受けて認定される病院になるように指導しています。
これに伴い、臨床研修病院としての充実や指導環境を整え、ステータスを上げるために平成27年11月に評価を受審しました。

研修病院としての第3者評価を受審することで、研修の質の向上を図り、さらによりよい研修を目指す当院の研修体制を振り返る大変貴重な機会となりました。

 

 

ページトップに戻る

先輩の声

川崎医科大学卒業の男性医師


 私は大阪市東住吉区出身だったこともあり地元の中核病院である東住吉森本病院(以下当院)を初期研修先に選びました。当院は救急症例が豊富で1年目研修医の頃から、多くの救急症例に携わらせていただくことができます。2年目研修医からは救急の初期対応はほとんど任せて頂けるので、救急の実力を養い自信をつけることができました。

 上級医の先生方は、指導力に溢れた医師が多くその科をローテーションしている時はもちろん、他科をローテーションしている時でも気になった症例を相談すると親身になって相談に乗っていただけます。看護師やコメディカルスタッフの方々とも職種の壁はほとんどなく、わからないことは教えあいました。 同期の研修医の出身大学はバラバラでしたがすぐに打ち解けあい、色々な勉強会や学会に一緒に行ったり、わからないことを共に調べたり、たまには飲みに行ったりもしながら互いに切磋琢磨することができ生涯の仲間を得ることができました。

 地元だからと多少安易に研修先を決めてしまいましたが、東住吉森本病院での2年間の初期研修は私の医師生活のスタートとして非常に良かったと思います。

               (平成27年度採用・平成29年度後期研修「総合診療科」専攻)

 

大阪市立大学卒業の女性医師


 私は東住吉森本病院で2年間の初期研修生活を送ることができ、本当によかったと心から思っています。 私が思う当院の魅力を、ほんの一部ではありますがご紹介させていただきます。

 まずどの診療科においても、研修医に様々な仕事が与えられます。もちろん上級医の手厚い指導のもと、患者さんへのファーストタッチ、その他多くの手技は、まずは研修医の仕事です。積極的な姿勢を評価してもらえるので、色々なことを考え実践するチャンスが多くあります。研修医の生活は、指導医をはじめ病院全体が気にかけてくれているので、業務に追われて勉強時間が確保できないということもありません。女性医師も充実した研修生活を送ることができる体制が整っています。

 私は学生の頃から皮膚科志望でした。当院に皮膚科はありませんが、どの診療科に進んでも知っておくべきCommon Diseaseについて十分に勉強できる環境にあり、きめ細かい指導体制が整っている当院での研修を志願しました。2年目の自由選択診療科では、自分の希望をしっかり伝えてそれを反映することができ、さらにきめ細かくご指導いただくことができました。また2年目からは当直業務が本格化しますが、経験値、知識量、さらには画像診断力も向上させることができました。2年間の初期研修が終わろうとしている今、当院で研修できたことを改めて幸せに思っています。

 志望科を問わず、私は当院での初期研修を心からおすすめします。是非見学に来て、当院の数ある魅力を少しでも感じ取っていただけたら嬉しく思います。

                   (平成27年度採用・平成29年度後期研修「皮膚科」専攻)


大阪市立大学卒業の男性医師


 みなさんが志す医師像に近づくために、初期研修医をどこの病院で過ごすのかというのは非常に大事なイベントであると思います。

 東住吉森本病院での初期研修をする上で、2つの目標がありました。 1つは救急患者に対して的確な初期対応ができることです。ここの救急外来では私達は自由に診療できます。自由であることは自分で考える事につながります。そこに指導医とのフィードバックが併さる事で診療は自由に考えた上で最終的に適切なものになります。自由であることには責任感が伴いますが、自己の診療に責任を持つことのできない私達が自由に診療できるのにはもちろん理由があります。5回生時の1回の病院見学でその当時の研修医の先生方をみて、それを実感できました。 この場所で研修できたことで私は先述した初期対応の他に、2つ目の目標であった医療に対する責任感も持てるようになりました。

みなさんの中で1つでも同じ目標がある方は是非当院での初期研修を考えていただけたら幸いです。

                 (平成27年度採用・平成29年度後期研修「整形外科」専攻)


ページトップに戻る
Copyright (C) 2007 TACHIBANAKAI CO.,LTD. All rights reserved.