医療法人 橘会 東住吉森本病院

このまちと共に、「開かれた病院」として
アクセス方法 お問い合わせ 個人情報保護について ホーム

医療関係の方へ

各科紹介
消化器内科・一般内科
循環器内科
呼吸器内科
外科
緩和ケア科
形成外科
脳神経外科
神経内科
整形外科・リウマチ科
麻酔科
救急・総合診療部
病理科
放射線科
ハイケアユニット(HCU)
リハビリ科
薬剤科
栄養科
検査科
ME機器管理室
安全管理室
当院の実績
地域医療連絡室のご案内
勉強会及びセミナーのご案内
臨床研修医募集のご案内
外来担当表
診療科の紹介
医師募集 地域に貢献する救急医療
看護師募集 あなたしか、できないこと
医療情報サービスMinds

Mindsは、日本医療機能評価機構が実施する医療情報サービスです

各科紹介

 

東住吉森本各科病院

 リハビリ科

 

・患者様との対話を通して、最良なリハビリテーションが提供できるように努めます。

 

・地域の医療施設や介護施設、福祉施設と連携し、
                 患者様のスムーズな社会復帰を支援するために努力します。

 

・よりよいリハビリテーションを提供するために常に新しい知識と技術の習得に努めます。

 

  急性期リハビリテーションとして、集中治療室にご入院されている患者様をはじめ、整形外科、脳神経外科、神経内科、心臓血管外科、循環器内科、内科、外科などの診療科に対して早い段階からリハビリテーションを行い、活動性の低下による体力の低下や合併症の予防に努めています。医師、看護師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーなどの他職種と連携し、一日も早くベッドから離れてそれぞれの適した生活を送れることを目指しております。

 

・スタッフ :理学療法士 17名  作業療法士 4名  言語聴覚士 5名

・施設基準 :脳血管リハビリテーションⅠ、運動器リハビリテーションⅠ

        呼吸器リハビリテーションⅠ、心大血管リハビリテーションⅠ

        がん患者リハビリテーション

        

 

 

 

 

 


  認知神経リハビリテーション学会

  関節ファシリテーション(SJF)研究会

  日本ハンドセラピィ学会 
  日本心臓リハビリテーション学会 
  日本静脈経腸栄養学会 

 

  2006年 近畿理学療法学術大会発表

  2007年 大阪病院学会発表

  2008年 近畿理学療法学術大会発表

  2010年 日本静脈経腸栄養学会発表

  2013年 第1回南大阪リハビリテーション学会発表

  2015年 第3回南大阪リハビリテーション学会


  福祉住環境コーディネーター2級 1名

 

 NST(栄養サポートチーム)

 緩和ケアチーム

 

<3階リハビリテーション室>                  <5階リハビリテーション室>

リハ室

                                     *心臓リハビリテーションも実施しています。

<理学療法>

理学療法

  理学療法とは、怪我や病気による体力低下で日常生活が不自由になった方に対し、できる限り早い時期から関節の動く範囲を拡げ、筋力増強を図ることで座る、立つ、歩くなどの基本的な動作の獲得を目指します。また、退院後の生活を見据えた動作方法の指導も行っています。

 

 

<作業療法>

作業療法

  作業療法とは、病気になった後、まず出来るだけ早く起きて座ることが出来るようになること、そして主に手の運動機能の改善やセルフケアの自立・支援、趣味活動の再開などを目的としたものです。

 

 また、呼吸・心臓・その他臓器障害を抱えた方が自分の生活を安楽に行え、健康的な生活を取り戻せるように支援することも作業療法の役割です。

 少しでも退院後の生活に役立てるよう日々努力しています。

 

<言語聴覚療法・摂食機能療法>

言語聴覚療法

 

摂食機能療法

 当院の言語聴覚士はコミュニケーション障害や飲み込みの問題(嚥下障害)に対するアプローチを中心に行っています。コミュニケーション障害のある方に対してはそれぞれの症状に合わせて発症前の状態に出来るだけ近づけるように言語能力の改善を図りつつ、必要に応じて代わりとなるコミュニケーション方法の導入を検討するなど“コミュニケーション能力”の改善のサポートを行います。

 

 

 

 

 


  また嚥下障害のある方には今後の生活も考慮したうえで、少しでも食べる楽しみを味わってもらえるように心身の状態に応じた食べ物の形態や食器(スプーンなど)・食べ方などを検討したり、御家族や周囲の方たちと注意すべき点の説明や確認といった関わりも行っています。
NST(栄養サポートチーム)の一員として栄養状態の改善にも協力しています。

 

 

【新規卒業の方へ】

〇 当院入職後の流れ

〇 キャリアアップを支援します

〇 リハビリテーション科勉強会

 

 

〇 当院入職後の流れ

① 4月1日 入社式。リハビリテーション科配属。

② 4月2日 新入職員研修 ※日祝の場合は翌日。

③ リハビリテーション科新卒者研修開始。

④ リハビリテーション科配属〜理学療法士・作業療法士・言語聴覚士登録済証明書(以下仮免許証と表記)
  交付までの期間は指導スタッフと共に業務や技術について学習。

⑤ 仮免許交付〜理学療法士・作業療法士・言語聴覚士免許証(以下本免許証と表記)
  交付までの期間は指導スタッフ監督下で患者担当。

⑥ 本免許交付後は難易度の低い症例から少しずつ自力で業務を実施。

 

リハビリテーション科新卒者研修はこちらからダウンロード

東住吉森本病院リハビリテーション科 新卒者研修

 

 

 

〇 キャリアアップを支援します。

・急性期病院だけでなく回復期リハビリテーション病棟や老人保健施設、維持期・訪問リハビリテーションも
 経験してみたい方は希望に応じて法人内で異動することができます。

 

・ 同一の職場で2年以上経験していることが条件です。

 

・各施設での求人発生時に優先的に検討されます。

 

・ 同じ労務条件(有給休暇等)、人事制度(退職金や人事考課)のもと 幅広い視点を学ぶことが出来ます。

 

・ 異動を強制されることはありません。

 

〇 リハビリテーション科勉強会

1 リハビリテーション科合同勉強会

   形式:PT・OT・ST合同。

   頻度:今年度は年2回開催。

   日時:第1月曜日17時半〜18時半。

 

2 PT勉強会

   形式:PTを中心とした勉強会。他職種も参加自由。

   頻度:毎月1回。※リハビリテーション科合同勉強会開催月を除く。

   日時:第1月曜日17時半〜18時半。

 

3 OT勉強会

   形式:OTを中心とした勉強会。他職種も参加自由。

      東住吉森本リハビリテーション病院OTとの合同勉強会もあり。

   頻度:毎月1回。

   日時:第2木曜日。17時半〜18時半。

 

4 ST勉強会

   形式:東住吉森本病院、東住吉森本リハビリテーション病院、横山病院のST合同で開催。

   他職種も参加自由。

   頻度:数ヶ月に1回不定期に開催。

   日時:適宜調整。

 

5 その他

  ・毎年勉強会運営形式についてスタッフ全員で検討しています。

  ・東住吉森本病院、東住吉森本リハビリテーション病院、介護老人保健施設たちばな

   のリハビリテーション科同士では勉強会テーマの情報提供を行っており、

   各勉強会に自由に参加できます。


 

ページトップに戻る
 
Copyright (C) 2007 TACHIBANAKAI CO.,LTD. All rights reserved.