医療法人 橘会 東住吉森本病院

このまちと共に、「開かれた病院」として
アクセス方法 お問い合わせ 個人情報保護について ホーム

医療関係の方へ

各科紹介
消化器内科・一般内科
循環器科
呼吸器内科
外科
形成外科
脳神経外科
神経内科
整形外科・リウマチ科
麻酔科
救急・総合診療部
病理科
放射線科
ハイケアユニット(HCU)
リハビリ科
薬剤科
栄養科
検査科
ME機器管理室
安全管理室
当院の実績
地域医療連絡室のご案内
勉強会及びセミナーのご案内
臨床研修医募集のご案内
外来担当表
診療科の紹介
医師募集 地域に貢献する救急医療
看護師募集 あなたしか、できないこと
医療情報サービスMinds

Mindsは、日本医療機能評価機構が実施する医療情報サービスです

各科紹介

 

東住吉森本各科病院

循環器科


医師名 役職 専門分野 資格
寺柿 政和 院長 循環器全般

日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会認定専門医
日本循環器学会近畿地方会評議員
日本超音波医学会専門医・指導医
日本心臓病学会上級臨床医(FJCC)
日本医師会認定産業医
臨床研修指導医養成講習修了

坂上 祐司 部長 循環器全般
(心血管インターベンションの治療 )
    日本内科学会認定教育施設指導医・総合内科専門医
    日本内科学会評議員
    内科専門医部会近畿支部運営委員
    日本循環器学会認定専門医
    日本心血管インターベンション治療学会専門医・指導医
    日本心血管画像動態学会評議員
    日本プライマリ・ケア連合学会評議員
    臨床研修指導医養成講習修了
木 康浩 医長 循環器内科全般 日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会認定専門医
日本心臓リハビリテーション学会 リハビリテーション指導士
宮ア 知奈美 医長 循環器内科全般
(特に心エコー診断)
アメリカ心エコー図学会心臓超音波専門医
日本内科学会認定内科医 
日本循環器学会認定専門医
西矢 大輔 医長 循環器内科全般 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定専門医
前田 惠子   循環器内科全般 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定専門医
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
夛田 洋平   循環器内科全般

日本内科学会認定内科医

日本循環器学会認定専門医
鄒  仁峰   循環器内科全般  
細見 興太   循環器内科全般  

当院の実績はこちら

循環器内科は2004年10月に設立されましたが、急増する循環器疾患(急性心筋梗塞、狭心症、心不全、肺塞栓など)に万全に対応するために、ベテランを含む専門医6名が常勤で治療にあたっています。患者さまの重症度にあわせてハイケアユニット(HCU)8床、CCU3床および5階北循環器科病棟を利用しています。
循環器疾患は時間との勝負ですから救急診療も積極的におこなっています。とりわけ心臓カテーテル検査(CAG)と心臓カテーテルインターベンション(PCI)は24時間体制でのぞんでいます。2006年は急性心筋梗塞にて緊急CAGを施行した患者数は84例でした。
外来検査として心エコーによる検査と64列マルチスライスCTによる冠動脈疾患の診断に非常に力を入れています。できるだけ無駄なCAGを行うことがないように外来での精査に努めています。
待機的な入院ではカテーテル検査のために作成した手術ビデオを見せて検査と治療法について十分な説明を行っています。症例数は年々増えつつありますが参考のため最近2年間の数をあげますと、

  • CAG 854例
  • PCI 422例
  • 恒久ペースメーカー植込38例
  • 心エコー4770例
  • 負荷エコー359例
  • 冠動脈エコー160例
  • 冠動脈CT 384例
でした。
当病院で得られた豊富な臨床経験を患者さまのために生かしていくために、国内での学会発表はもちろんアメリカ合衆国での学会などにも発表しています。また、治療の一部をビデオ撮影し専門の医師の参加する研究会(KCJLライブデモ)にて発表するなど、最新の技術の安全性の確保のためにも積極的な努力をしています。

 


カテーテル部門

 

不整脈部門

 

血管エコー

 

部長挨拶

2009年4月より循環器内科部長を任命されました。虚血性心疾患を主体に心臓と血管の病気を扱っています。間欠性跛行のある閉塞性動脈硬化症なども心臓血管外科の協力のもとで、カテーテルインターベンションを実施しています。また最近、睡眠時無呼吸の循環器疾患に対する影響が重要視されてきていることからパルスオキシメーターや簡易型の睡眠時無呼吸精査を実施し、必要な患者様は在宅での加療も指導しています。

略歴
  • 【1990年】
    北海道大学医学部卒業
  • 【1990年】
    天理よろず相談所病院
    総合診療科(ジュニアレジデント)
  • 【1992年】
    天理よろず相談所病院
    総合診療科 (シニアレジデント内科ローテーションコース)
  • 【1995年】
    天理よろず相談所病院
    循環器内科
  • 【1997年】
    大阪市立大学医学部付属病院
    第1内科 後期研究医
  • 【1999年】
    大阪市立大学医学部付属病院
    第2病理科 助手
  • 【2000年】
    大阪市立総合医療センター
    循環器内科 医長
    (2003年10月〜2004年4月 米国スタンフォード大学循環器科ポスドクフェロー)
  • 【2006年】
    府中病院 循環器科 副部長
  • 【2007年】
    東住吉森本病院
    循環器科 医長
  • 【2009年】
    東住吉森本病院
    心臓血管センター 循環器内科 部長
資格
    日本内科学会認定教育施設指導医・総合内科専門医
    日本内科学会評議員
    内科専門医部会近畿支部運営委員
    日本循環器学会専門医
    日本心血管インターベンション治療学会専門医・指導医
    日本心血管画像動態学会評議員
    日本プライマリ・ケア連合学会評議員
    臨床研修指導医養成講習修了
副院長・循環器科部長 坂上祐司
1990年 北海道大学医学部卒業

循環器科の学会発表記録論文記録はこちら

研修医感想

大阪市立大学医学部を卒業した斉藤といいます。東住吉森本病院管理型研修医2年を終了して、この4月に当院循環器内科に就職しました。2年間研修してどの科に行こうか大変迷いました。どの科も魅力的でしたが、最後まで循環器内科と脳外科のどちらを選択するか悩んだ末に指導医の先生に恵まれた循環器内科にしました。4月からは循環器内科の後期研修プログラムに従って研修しています。一番緊張するのは心臓カテーテル検査です。今は穿刺と冠動脈造影を指導医の先生のもとで行っています。臨床医として毎日充実した生活を送っています。もし、後期研修に興味がある人があれば僕に相談してみてください。先輩としてきっと良いアドバイスができると思います。

 

心血管センターのページへ
ページトップに戻る
Copyright (C) 2007 TACHIBANAKAI CO.,LTD. All rights reserved.