医療法人 橘会 東住吉森本病院

このまちと共に、「開かれた病院」として
アクセス方法 お問い合わせ 個人情報保護について ホーム

病院のご案内

ごあいさつ
病院理念・患者の権利
病院概要
アクセス方法
施設案内
病院の試み
病院の特色
医療機能
個人情報保護について
外来担当表
診療科の紹介
医師募集 地域に貢献する救急医療
看護師募集 あなたしか、できないこと医療情報サービスMinds

Mindsは、日本医療機能評価機構が実施する医療情報サービスです

病院の試み

 
東住吉森本病院の試み

病院の試み

地域医療の発展を見つめて、
午後診の一般外来を廃止、
完全紹介型外来にしました。

地域医療支援病院として、
本来のあり方を追求しました。

地域医療支援病院には、地域の医療機関の連携による医療ネットワークの形成促進という使命があります。その自覚をもとに、当院はこれまで病診連携、病病連携など、さまざまな取り組みを行ってきましたが、新たに、外来機能の見直しを行いました。その結果、午後診では一般外来を廃止した完全紹介型外来を実施。紹介状をお持ちでない患者様の診療はお受けせず、まずは診療所での診察をお薦めするというものです。これは、当院を含めた地域の医療資源を最大限有効に、かつ効率的に活用するためのものであり、地域医療支援病院としての本来のあり方を見つめた、当院の新しい試みです。

専門外来新設のお知らせ

ご利用いただいておりました午後の総合内科を廃止し、当院の目指して参りました特化した診療科による「専門外来」を新設致しました。
2007年5月より新設致しました専門外来は、内科消化器グループの「上、下消化管外来」「肝臓外来」、循環器科の「不整脈外来」外科の「肝胆膵外来」でございます。
いずれも各科の専門医が診療に当たり、当院の持つ検査機能を駆使して、当院の医療チームによる専門的、且つ迅速な診断、治療を行いご報告いたします。
当院の目指している医療は「地域完結型の医療」であります、病院は、「検査、救急、入院」機能を担当、「外来診療」は地域の先生方にという機能分担、地域連携というこの形が、このような専門外来という専門分野においても連携が一層深まり、地域支援病院としての役割の一端を果たせるよう願っております。

救急外来は24時間、365日体制で、
地域の安全を支えます。

当院では、午後診の完全紹介型外来化を進める一方で、救急外来の一層の充実に取り組んでいます。その思いは、この地域の安全を支える最後の砦としての病院。24時間365日、いつ・いかなるときでも救急患者様を受け入れています。新病院も、こうした救急外来の充実を念頭において設計しました。たとえば救急外来には充分なスペースを確保するとともに、救急車の到着から診察、検査、手術といった一連の流れがスムーズに進められるよう、動線を徹底的に検討し、設計したのもその一例。一刻を争う救急医療の場面で、これまで以上に迅速に、適切な医療を提供していくための体制が整っています。

地域の先生との関係づくりに
より一層力を注ぎます。

地域全体の医療の質を高めるために欠かせないのが、地域の診療所、病院、福祉施設などとの強固なネットワークづくりです。そこで当院では、地域の医療機関等との情報交換、また、ともに学び合うための研修会や勉強会の開催に努めてきました。そしてその一方で、診療所の先生と共同で患者様を診る、共同診療の推進にも力を注いでいます。新病院には、共同診療に訪れた診療所の先生の控え室となる「医師室」、患者様とゆっくり面談できる「談話室」を設置するなど、共同診療をより拡大するための施設や制度の充実に取り組んでいます。

ページトップに戻る
Copyright (C) 2007 TACHIBANAKAI CO.,LTD. All rights reserved.