医療法人 橘会 東住吉森本病院

このまちと共に、「開かれた病院」として
アクセス方法 お問い合わせ 個人情報保護について ホーム

病院のご案内

ごあいさつ
病院理念・患者の権利
病院概要
アクセス方法
施設案内
病院の試み
病院の特色
医療機能
個人情報保護について
外来担当表
診療科の紹介
医師募集 地域に貢献する救急医療
看護師募集 あなたしか、できないこと
医療情報サービスMinds

Mindsは、日本医療機能評価機構が実施する医療情報サービスです

病院の特色

 

東住吉森本病院の特色

理想的な地域医療ネットワークづくりの先頭に立つ病院であり続けます。

いま地域医療に求められているもの。それは地域のそれぞれの医療機関が1つになって医療の質の向上に努め、そのうえで強固な連携をつくり、地域の人たちにとってよりよい、そして、より合理的な医療サービスを提供することです。そこで「地域医療支援病院」は1997年、医療法の第3次改正で制度化され、地域の病院、診療所などを後方支援するという形で医療機関の機能の役割分担と連携を目的に創設されました。当病院は2003年2月、大阪府初の地域医療支援病院の承認を受け、地域医療のリーダーとして病診連携を核にした諸活動を推進しています。これからも地域の医療機関とともに相互に医療サービスの質を高め合いながら、より高度な地域医療ネットワークの実現に力を注いでまいります。

 

地域医療支援病院

地域医療支援病院の承認条件
1. 病院の規模は原則として病床数が200床以上の病院であること。
2. 他の医療機関からの紹介患者数の比率が80%以上であること。
あるいは紹介率40%以上かつ逆紹介率60%以上であること。
3. 他の医療機関に対して高額な医療機器や病床を提供し共同利用すること。
4. 地域の医療従事者の向上のため生涯教育等の研修を実施していること。
5. 24時間体制の救急医療を提供すること。

当院は上記条件をすべて満たしています。

なお、当院は(財)日本医療機能評価機構から「一般病院種別B」(地域が必要とする医療において中心的な役割を担い、高次の医療にも対応しうる一定の規模を有する病院・ベッド数の目安200床以上)と「Ver.5」の評価を受けています。

 

開放型病院

 

病診連携で患者さまの状況に即応した最適の医療を提供します。

当院は2000年12月より開放型病院として病診連携を強化し、地域医療の発展に寄与しています。
開放型病院とは、病院の施設や機能を登録医に開放している病院のことで、たとえば、地域のかかりつけ医が診療している患者さまに入院治療や特殊な検査などの必要が生じた場合、当院医師と共同で診療を行います。また、登録医は当院での病床利用や検査・手術を当院の医師と共同で行うこと(共同指導)ができます。当院と患者さまのかかりつけ医が情報を共有することにより、患者さまは入院前・入院中・退院後という治療経過の状況に応じ、一貫した適切な治療を受けることができます。
現在当院の登録医は約190で、「地域医療支援病院」機能と連動させて、地域のみなさまによりよい医療を提供する保障となっています。
開放型病院
ページトップに戻る

がん診療拠点病院

2011年4月に 大阪府がん診療拠点病院に指定されました。
詳細はこちらまで。

がん診療拠点病院
 

ページトップに戻る

臨床研修病院

国家試験に合格した医師(の卵)には一定期間、研修医として臨床の現場(実際の診療現場)で研修を積むことが義務付けられています。研修先の病院は、厚生労働省が規定したさまざまな条件を満たさなくてはいけません。当院はその条件をクリアし「臨床研修病院」に認定されています。豊富な治療実績、経験豊かな指導医、実践的な研修計画、確かな指導体制、そして必要な事項を定め、練り上げられた研修プログラムを用意し、次代を担う若い医師の育成に力を注いでいます。当院は各地から広く研修医を受け入れ、ローテーション研修により、さまざまな診療科(医療法人橘会の全医療施設を含む)で実践的に医療を学べるように配慮しています。

「橘会および東住吉森本病院の理念に基づき、常に病める人と社会のために活躍できる第一線の臨床医を養成することを目的とする。研修では総合診療力を身につけ、適切なプライマリーケアを実施しうるレベルに到達することを目標とする」
ページトップに戻る
 
日本医療機能評価機構認定病院
第三者機関の評価を受け、「安全・安心」のために改善に取り組みます。

2014年5月、当院は(財)日本医療機能評価機構による病院機能評価・一般病院2 <3rdG:Ver.1.0>の認定を受けました。(認定書中の4つの☆は初回受審より継続的に4回連続認定を意味します。)

同財団は厚生労働省および(社)日本医師会などで運営される、日本を代表する医療機関評価機関であり、認定審査の内容は、医療環境や社会の変化に応じて数年ごとに改定されています。

このことから同機関から認定されることは、その病院が患者さまにとって安全・安心の基準を満たしていることの証明であるとともに、そこで勤務する職員の医療サービスの改善・向上に対する意欲の高さを示すものといえます。

医療機関自らが、第三者機関の評価を受けることにより、自院の位置づけを客観的に把握し、改善すべき目標をより具体的にすることが可能な評価システムを活用して、当院は、つねに自らを検証し、目標に向かって改善を図っています。

ページトップに戻る

DPC対象病院

DPCDPC(Diagnosis Procedure Combination)制度とは「診断群別の包括支払い方式」のことです。当院は2004年7月、厚生労働省のDPCを実施して以来、この支払い制度に対応してきました。
この制度を利用し、当院は標準的な治療を実践いたします。

これからも地域の急性期医療を担う病院としてスタッフ一同がんばっていきます。

 

ページトップに戻る

 
Copyright (C) 2007 TACHIBANAKAI CO.,LTD. All rights reserved.