平成28年度 医療法人橘会 東住吉森本 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 27 115 130 148 367 501 1005 1874 1947 622
当院の入院診療科には、内科、循環器内科、呼吸器内科、外科、形成外科、整形外科、脳神経外科などがあり、地域のご高齢の患者様を中心にご入院頂いていることがこの分布でわかります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330XX02XXXX 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等  41 6.15 7 - 58.1
060150XX03XXXX 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 36 5.69 6 - 40.72
060035XX01000X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 28 16.79 16 - 74.43
060035XX99X00X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 27 7.85 7 2.44 77.48
060335XX02000X 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 26 6.42 8 - 55.73
外科では胆石や大腸の悪性腫瘍などの疾患を多く扱っております。胆のう摘出術においては侵襲の少ない腹腔鏡手術も行っております。これら症例の当院の年齢幅は、60~70歳代となっております。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 182 23.73 21 17.34 84.05
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 181 14.16 12 6.44 79.74
060102XX99XXXX 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 106 8.15 8 0.88 62.29
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし  106 9.93 9 0.83 73
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 91 6.15 5 0.97 52.55
内科では肺炎や尿路感染症などの疾患を多く扱っております。これら症例の当院の年齢幅は、70~80歳代となっており、呼吸器内科・呼吸器外科などとも連携を取り合い治療にあたっております。また消化器内科におきましては、専門医が胃や大腸の内視鏡治療も積極的に行っております。(下記の診療科別主要手術別患者数等の指標もご参照下さい。)
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 143 19.65 18 8.72 81.71
050050XX02000X 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1・2あり 手術・処置等2 なし 104 5.81 5 0.95 69.79
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 82 4.11 3 7.32 67.01
050030XX97000X 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 32 13.28 13 - 68.12
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 30 28.43 21 2.42 86.1
循環器内科では、心不全、狭心症などの疾患を多く扱っております。時間との勝負である救急外来とも連携を強化し、治療を行っております。特に心臓カテーテル検査(CAG)と心臓カテーテルインターベンション(PCI)は24時間体制で臨んでおります。これら症例の当院の年齢幅は、60~80歳代となっております。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX99040X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 48 19.19 12 6.12 71.42
040040XX9910XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 40 2.75 4 - 71.2
040120XX99000X 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 24 14.96 14 8.33 74.38
040040XX9909XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 9あり 24 17.42 11 - 69.75
040110XXXXX0XX 間質性肺炎 手術・処置等2 なし    19 18.32 20 7.14 73.16
呼吸器内科では肺炎、肺の悪性腫瘍などの症例を多く扱っております。肺の悪性腫瘍については手術以外にも抗がん剤を組み合わせ、院内呼吸器外科と連携をとりながら治療を行っております。これら症例の当院の年齢幅は、70~80歳代となっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060X2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内かつJCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4 16 10.44 17 11.76 65.38
010040X099X00X 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷 14 19.5 19 46.67 71.57
010050XX02X00X 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 副傷病なし 13 8.92 12 - 77.92
- - - - - - -
- - - - - - -
脳神経外科では脳梗塞、非外傷性頭蓋内血腫や硬膜下血腫などの症例を多く扱っております。治療後もグループ内リハビリテーション病院と連携し早期回復に努めています。これら症例の当院の年齢幅は、65~70歳代となっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 178 28.07 28 66.48 81.4
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 99 19.12 26 18.18 75.6
160760XX97XX0X 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし  57 4.88 5 1.75 46.25
160700XX97XX0X 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 副傷病なし     37 5.54 6 2.7 40.89
160740XX97XX0X 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 27 6 5 - 30.26
整形外科では大腿骨骨折、膝関節症などの手術症例を比較的多く扱っております。手術後早期にリハビリを進め在院日数の短縮を図っています。これら症例の当院の年齢幅は、30~80歳代となっております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200XX0200XX 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 20 3.75 6 - 27.4
020230XX97X0XX 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 12 3.92 3 - 76.25
080006XX01X0XX 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし  10 11.6 9 - 81.6
- - - - - - -
- - - - - - -
形成外科では顔面損傷、眼瞼下垂や皮膚の悪性腫瘍などの手術症例を多く扱っております。これら症例の当院の年齢幅は、20~80歳代となっております。またこれらのほか、新鮮熱傷、口唇裂・口蓋裂や難治性潰瘍・褥瘡などの症例も扱っております。詳細は当科ホームページをご覧ください。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし  25 15.4 21 38.89 84.4
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし  22 11 12 2.58 82
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 14 26.71 21 1.61 83.57
080011XX99XXXX 急性膿皮症 手術なし 10 11.9 12 4.44 76.9
030400XX99XXXX 前庭機能障害 手術なし  10 6.9 5 2.27 75.8
救急医学科では胸椎、腰椎以下骨折損傷、腎臓または尿路の感染症、誤嚥性肺炎などの症例を多く扱っております。これら症例の当院の年齢幅は、80歳代となっております。救急科は主に救急外来でのファーストタッチを担うため専門の治療を要するケースが多く、院内各診療科と連携を取っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - 10 44 37 - 1 7
大腸癌 14 29 - - 58 - 1 7
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - 20 63 44 - 1 7
肝癌 16 11 - - 11 - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院が入院にて治療を行った5大癌(胃癌、大腸癌、肺癌、乳癌、肝臓癌)のStage分類毎の患者数を示しております。患者数が10人未満の場合はー(ハイフン)になっています。このStage分類とは、癌の進行度と拡がりの程度を指標化したものです。当院での胃癌や肺癌は、肝癌、大腸癌に比べStageⅢ以降が比較的多いです。当院では、終末期の患者さんのケアも緩和ケア病棟で行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 52 8.31 52.23
中等症 56 20.34 83.54
重症 192 15.01 79.87
超重症 49 20.96 82.94
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。患者数が10人未満の場合はー(ハイフン)になっています。当院では、成人市中肺炎の重症度があがるにつれ、中等症を境に年齢も上昇の傾向があります。平均在院日数も類似の傾向を示しております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 78 29.21 77.97 43.59
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 10 21.06 80.28 40.0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
脳梗塞は、通常、発症して早期に入院されるケースが多いのですが、平均年齢も70~80歳代くらいの患者様が23日程度で退院され、回復を進めるため約40%の方がリハビリ病院等に転院されます。尚、当院の統計値は集計条件に則り発症日の分類は、合計値で表示しております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 83 4.45 5.45 1.12 60.51
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 45 1.02 1.27 - 61.04
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 42 1.71 2.36 - 73.31
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 39 10.51 15.9 - 75.41
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 36 0.53 4.17 - 40.72
腹腔鏡下胆嚢摘出術やヘルニア手術(鼠径ヘルニア)、腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術などの症例を多く扱っており、腹腔鏡手術の豊富な経験を生かし低侵襲手術が提供できるよう努めています。これら症例の当院の年齢幅は、30~80歳代となっております。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 246 1.24 1.7 0.74 70.38
K654 内視鏡的消化管止血術 72 1.35 10.5 3.49 69.85
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 54 0.85 1.72 - 71.24
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 53 15.94 22.34 39.39 81.19
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 42 4.02 15.24 2.17 79.57
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術、内視鏡的消化管止血術、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術などの症例を多く扱っております。地域の開業医先生と共に内視鏡ネットワークで連携し、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸等消化管の検査や内視鏡治療、早期がんの診断や消化管出血の治療に対応しています。これら症例の当院の年齢幅は、70歳代となっております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 90 4.3 3.78 22 70.26
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 42 8.26 9.83 9.09 77.43
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 33 - 18.39 9.09 68.21
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 27 6.44 9.74 3.57 79.41
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 26 0.27 11.62 11.54 72.35
心筋梗塞や狭心症などに対し、冠動脈ステントを留置する、心臓カテーテル治療と四肢の血管の詰まりを削ったり、細くなった部分をバルーンカテーテルで拡張する四肢の血管拡張術・血栓除去術などの症例を多く扱っております。これら症例の当院の年齢幅は、60~70歳代となっております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 15 1 10.53 6.25 77.87
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術の症例が多いですが、この他に頭蓋内腫瘍摘出術、動脈血栓内膜摘出術などの症例も扱っております。掲示症例の当院の年齢幅は、70歳代となっております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕・大腿) 169 4.99 21.64 48.86 78.14
K0821 人工関節置換術(肩・股・膝) 124 1.27 19.15 21.77 74.24
K0462 骨折観血的手術(手舟状骨・前腕・下腿) 94 3.32 11.79 8.42 60.5
K0811 人工骨頭挿入術(股) 74 5.81 22.2 63.29 81.58
K0463 骨折観血的手術(鎖骨・指・手(舟状骨を除く)・足・膝蓋骨) 51 1.9 6.92 5.77 46.02
骨折観血的手術、人工関節置換術、骨折観血的手術などの症例を多く扱っております。特に膝関節症に対する人工関節置換術の症例は豊富で在院日数の短縮にも寄与しています。これら症例の当院の年齢幅は、60~70歳代となっております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 15 0.07 1.87 - 26.6
K2193 眼瞼下垂症手術(その他のもの) 10 0.4 2.3 - 75.8
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
鼻骨骨折整復固定術、眼瞼下垂症手術などの症例を多く扱っております。これら症例の当院の年齢幅は、20~70歳代となっております。
また、この他、皮膚悪性腫瘍切除術、四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術や皮膚腫瘍摘出術なども適宜行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 16 0.24
異なる 38 0.56
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 26 0.39
異なる - -
手術・手術後合併症の発生について記載しいます。DIC(播種性血管内凝固症候群)は、小さな血栓が全身の血管内に広く発生することによる臓器障害がおこる重篤な状態で、早期の診断・治療が求められます。本統計は、この症例数と発生率を入院時から退院まで同じ病名であったケースと、そうでないケースに分けて表示しております。敗血症においては、入院時から退院まで同じ病名であった発生率は0.24%、手術・術後の合併症(処置に合併する出血および血腫、手術創の離開、処置に続発する感染症など)の場合は、0.39%となっております。
更新履歴
2017年9月25日
作成